Archive for the ‘te tu ga ku @taiyo’ Category

それぞれのワンシーンに思う te tu ga ku@taiyo

      ヒトには思い出して懐かしむ場面がある。   寂しさも、 悲しみも、 悔しさも、 ココロ残りでさえも。   私が思うに・・・・ 一つこう思えないだろうか。 &n […]

『目には見えない』けど・・・大きく影響されている te tu ga ku@taiyo

意識してみると沢山あるのですが、 『目に見えない』けど大きな影響されること。     私にとっては“意志”や“思惑”などの ヒトの表に表される以前のカタチ・・・が受信されやすい。 (人によって様々なチャンネルになっている […]

手放す te tu ga ku@taiyo

  時にして、時期が来て、 手の内から離す時がやってくる。 ・ ・ ・ それは、どんな形なのか。 どんな意味を含めるのか。 全く考えが及ばないモノを含めていく。   そもそも・・・・ 私たちが思い当る […]

本質を知るには言葉以外のモノもミル te tu ga ku@taiyo

古来の日本のクニを収める方々の知恵。 その中に『鳥居』というモノを使ってました。 “人が喜んでいると、鳥も機嫌がよい” “ヒトが生活に不満を持ったり、苦しんだりすると 鳥の鳴き声が変わる” その様であるので、宮の入口に鳥 […]

一つの終りを迎え  te tu ga ku@taiyo

一つの終りを迎え te tu ga ku@taiyo 時折・・・・長く抱えているものを消化し、 手放す時が来る。   それは、 意識出来ることと、意識の上にないもの。 根が深い所にそんざいするもの。 などがある […]

心を縛る・・・・それに気がついたら te tu ga ku@taiyo

心を縛る・・・それに気がついたら te tu ga ku@taiyo       心の縛り・・・・・って無意識でやってしまうこと多い。   どんな風に自分を、他人をも縛ってしまうのか? それ […]

変更していくことの“柔らか”でいる te tu ga ku@taiyo

変更していくことの”柔らか”te tu ga ku@taiyo   私たちヒトは、生きるため様々な知恵を使い“防御”をし、 自己を守ることする。   身体が成長するに辺り、 身にまとう服 […]

身を包む・・・・環境ets.

                              &nbsp […]

『陰』と『陽』の固定した定義を外してみる。

陰と陽・・・・その奥の意味。   陰と陽・・・・   私たちは互い違いであることを 一つの定義として固定している。   しかし・・・・ 多数の次元で捉えるところ、 同じものを指す“開き”の表 […]

言語に思う・・・『心の故郷を体感する』には。

  それは、特別なんかではなくてもいいと思う。  ちょっとした場所なのかもしれない。   今・・・・どんな“時期”なのか。 それによって導きがあるでしょう。   しばらくの間、 気 […]