ココロの中のお社 te tu ga ku@taiyo

フュージョン・ヒーリング(R)

フュージョン・ヒーリング

 

私たちはトカク、ココロに向かう時間よりも

目に入るものにココロを持ってかれる。

 

それは、対外的な自分の見え方が気になる。

気になることに全生命を注ぐ。

これは・・・・『誰か』からして個人の考えだけではなく

人生の時間も支配されている状態と言えよう。

 

モノの考えの中に、『他者から見てどうだ』の部分は必要だけど、

全てがそのモノになってしまうと、

本人の人格とか、人間性はカタチを無くす。

ココカラ発生した『気配り』『思い』『親切』は、ココロの無いカタチだけの行為。

ある意味、コントロールする手法としてのカタチになっていく。

 

近年、あらゆる『手法』だけが出回っていて、競い合っている。

そこに『ココロ』が抜けていることを気付く前に、他の手法を探している。

 

上澄みだけの理論や手法では生きていけないと叫んでいた時代も

今となっては、セピア色。

 

でもね、

寂しさ、空しさ、ココロの疲れ、生きる目的(?)の様なもので

個々に実感しているんですよ。

誇りに塗れたセピア色の『上澄みだけの理論や手法では生きていけない・・・・と叫ぶ』気持ちが。

本当は必要なのかも・・・・・。

探しても、探しても、見当たらない『幸福感』ってどこにあるの??って。

 

表に見せたい自分だけでは・・・なんだか寂しい。って。

 

キーワードは『繋げる』です。

 

ココロの中の神聖な意識のある所を“お社”だと思って、

大事にしている部分を意識することって、

誰が・・・・ではなくて、自分しか見つけられない。

 

そして、その神聖なるお社には清いココロが眠っている。

 

そのココロの“お社”と、自分の生活面とを『繋げる』ことを

意識するココロを育てること。

そうイメージする時、『誰か』と言う第三者が入ってきますか?

『誰か』にお社を建ててもらいますか?

そのイメージは、静かであり・・・安定していて、

雑音の無い、澄んだ空気であると思います。

 

また、日常をそのイメージと『繋げたり』『重ねたり』『関連したり』と

結ぶ意識が・・・・・・ココロのままの精神です。

 

『無理』だと思うことに支配されない様に、

する行為が『気配り』であり『もてなし』です。

(諦めるココロ、決めつけのココロ、には・・・・『気配り』『もてなし』の本質がなく、

感情の支配力に食われてしまっている)

 

ココロの“お社”・・・・その存在に出逢うのは、

一人ひとりの『ココロの関わり』の中で見つけられる神聖なもの。

誰もが、共通して持ち合わせているものであり、

お金があるから、ないから・・・・でもないし。

親がいるから、いないから・・・・でもない。

必ず一人ひとりが持っている。

 

それとの関わり方それ自体が“アイ(愛)“になる。

 

一人ひとりが“アイ(愛)”に目覚める・・・・と、妬みや苦しみを持たなくて良くなる。

ココロのお社の存在が皆様に届きますように。

 

深謝

 

タマ シイ の故郷

やっと・・・半年ぶりに帰郷。

私にとっての安らぎであり、

カラダの中の小さな私がボワーンと暖まる。

いつまでも時を過ごしたい懐かしい場所。

フュージョン・ヒーリング(R)

フュージョン・ヒーリング

カラダの内側が動き出す。

樹木たちと同じリズムで色んな所が感じ出す。

地面から、天から、繋がっている“何か”が感じあってる。

繋がりに感動をしている様に喜びが溢れてくる。

 

参拝の列に並びながら、

溢れるその感覚と交信する。

 

フュージョン・ヒーリング(R)

フュージョン・ヒーリング

今であり、過去である。そして未来でもある。

 

その感覚に迷いや疑いというネガティブは有りえない。

なんと満たされて希望の陽に似ているのだろう。

 

フュージョン・ヒーリング(R)

フュージョン・ヒーリング

 

この感覚を家族や触れ合うヒト、身近な方々へ

変換できることを心から願い、祈りを強く思う。

 

自然のサイクルの息吹のようなその感覚を。

 

本来のヒトとしての喜びが放つ温もりを。

フュージョン・ヒーリング(R)

フュージョン・ヒーリング

 

 

明けまして・・・おめでとうございます。

フュージョン・ヒーリング(R)

フュージョン・ヒーリング

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

皆様にとって、

ココロの清めの力が強くなり、

ココロが充実されることを

お祈り申し上げます。

深謝

フュージョン・ヒーリング(R)

フュージョン・ヒーリング

 

カラダの“声”を誤解されない様に書くこと・・・・・、カラダを信頼して欲しい。

 

私たちは日常・・・・さまざまな感覚があり、

感情が反応する。

 

その先・・・・・

『感情』に行くか、

『作業』に入るか。

 

この場合の『作業』は、

そのことで何を考えるのか。

自分のどんなことが“反応”するのか。

この様子は、感情的に捉えることではなく、

あくまでも『作業』。

 

私たちは何次元とも言われる世界の中に住んで居る。

立体的=3次元 と思い決めることは無い。

あらゆる状態で、沢山の次元に関連しているのだから。

 

たった○○年生きてきた経験からイメージしている

感情に“今”経験したことについて抑え込むコト・・・・。

大変な労力だと察する。

 

ただ、困惑した感情の渦の中で、

真実・本質などを消し去り生活している現社会で

麻痺をしていることで、苦しみから抜け出せない状況を

抱えてしまっている方々があまりに多い。

 

心理だとか、ではなくて・・・・

『習慣』によって自分の本質に触れていくしかない様に思える。

 

カラダの声を聴く機会が多いと、

カラダとは全く違うベクトルで、

その方がたは、欲望や執着からくる意志に

カラダを支配してしまう。

 

どこかの時間軸で、

いつでも「やり直せる」「新たに変更する」コトは

可能な素直さをカラダは持ち合わせているのだが・・・・・

支配欲から抜けることを“したくない”という意志。

 

誰かと“戦う”だけではなく、

自己と“戦う”コトを選択してしまう。

 

戦いを辞めるための生活への考え。

それが一番必要な『ヒトとしての態度』ではないのだろうか。

カラダと対話する日々の中、

痛感している。

 

時折、ブログを借りて・・・・・

カラダの表現をこっそり・・・・打ち明けて行こうと思う。

 

自然の一部であるカラダへの信頼は

向き合うことから始まる。

そんなことを無視された弱者として沈黙をしている様に

誤解(カラダを)をされない様に。

カラダの“声”を。

 

 

タマシイの喜び選択!or今の感情の喜び!? te tu ga ku@taiyo

タマシイ・・・・・・それって、どんな知識で捉えているかによって

ニュアンスは人によって違いがあるでしょう。

だけど、影響のあるモノといえば、

環境、人間関係、生活習慣、意識 etc

様々に影響があり、個人の思考や好みなどにも関連する。

ある意味では、タマシイの器としてカラダが在ったり、

存在が在ったりしている。

 

この様な意味合いを持つ“タマシイ”が喜ぶこと。

それは、個々の人生の中で試ながら探している様なモノ。

これらが喜ぶってことを『選択する』のか・・・・。

 

あるいは、

生まれてからの何十年余りの中の、

好みや、こだわり、願望、の意思による『選択』をするのか・・・・。

(知識に支配されている思考もこちらに含まれますね)

 

タマシイの喜びを選択する場合、

必然的に周りが喜びを響き合い。

 

今の感情の喜びを選択する場合、

必然的に執着するコトを追いかけます。

(一瞬の喜びに見える肯定的な感覚は、大きな所から見ると

決して“成功”ではない・・・・・)

 

どんなモノゴトから思考を積み上げているか。

実は、人生のテーマなんですね。

(時間を掛けてしっかり探すって)

 

ここでのポイントは・・・・

○今ある感情を埋めるために、好き勝手することは唯の逃げるってこと

○今の感情を納得させるために、何かに依存することに気が付く

○誰かをコントロールすることが、既に“支配力”

○「なんとなく」だけで何十年過ごすと、その年数“子供”でいる

○「誰かに言われたから」を言い訳にしていると気が付けない自己の存在

 

これらを見つけたら、

ただ“しない”ではなくて、

『この行為は“何によって(自分の奥にある)”しているのか?』

ということを見つけて欲しいのです。

意味があって“そうして”居たのだから、その“意味”に気が付いてみるんですね。

(ダメにしないためのポイント)

 

そして、感情で選択することよりも、

自分を含め関わりのあるモノを眺めていると

タマシイ的な喜びのようなモノが浮き彫りになっていくので、

自分と周りと環境とが繋がっていて、

その大きな輪の存在が“喜び”であるモノを“選択”していく。

それは、占い師でなくても、鑑定士でなくても、霊媒師でなくても、

何度も意識すると漠然と見えてくる。

 

もちろん、間違えてもいいのよ、続ければ。

タマシイの喜びを積み上げようとするココロが、

ヒトとしての大事な生きるために必要な思考が出来上がってくる。

物質や、恐怖心、妬みに恨み、うらやみ、執着、隠れ蓑の盾、

嘘やお金、に捕らわれなくなる。

それらが別世界のようにハッキリ見えてくる。

 

純粋な真っ直ぐなココロにであい、

感情には動かされない(事実を解決するだけ)ココロも持つ。

 

一人でも、ココロの清さを持つことが

気持ち良いこと・・・・と、感じて戴けると良いな・・・と。

活動を通じて伝達されると・・・良いな・・・・と。

 

太陽

 

te tu ga ku @taiyo

te tu ga ku @taiyo

 

 

” 感性″の向き合い方 te tu ga ku@taiyo

『感性を磨く』・・・・とはいえども、いかように???

 

そうですよね。

単なる感覚っていっても、自己の“性質”によって感じ取る働き。

なので・・・個々によって違いがあるモノ。

例えば、、、、、

一つの絵を眺めていて、『何を感じるのか』をじっくり捕まえるまえに、

誰かが評価する内容を“探す”見かたをしていると、

自己が何を感じているのか・・・知るチャンスは消えてしまう。

 

日常の時間の中で、

沢山の“情報”とすれ違っている中で、

『何を感じているか』よりも『何て人は言っているのか』気になってしまう。

そんな形で、『感性』と言っても捉えることは難しいので、

例え会話をしていても心のキャッチボールが出来る人or出来ない人は、

“その”グループによって『どこ』をキャッチし合うのか・・・が変わってくる。

 

『何に出逢い』

『何を感じ』

『どんな風に汲み取るか』

それは、日常のココロの捉え方によって全く世界が変わる。

 

感性を磨かないと、ヒトとしての寂しさのようなモノで一杯になる。

そうであると、

同じモノが目の前に見えていても、

全く別のモノを“捉えて”いることになる。

 

別のモノ。

在る時には、それが楽な場合もあるし、

辛さになることもあるでしょう。

 

ヒトを傷つけてまで頑固でいることは、

自分も他者も、歓びにはならない。

そのデッドラインを決めるのは・・・・・個人。

決して、誰かではない。

ノウハウで誰も幸せにはならない。

一つづつ、感じることが喜びであるってことを知ることが、

何よりも丁寧に必要なこと。

 

向き合うのは『自己のココロ』であって、

誰かの『評価』ではない。

それは感性の扉の鍵になる。

te tu ga ku@taiyo

te tu ga ku@taiyo

 

身体に聴く!必要or不必要!!! te tu ga ku@taiyo

 

世の中的に『良い』モノでも、 今の自分のエネルギーに 合うか、合わないか。
それは、しっかり向き合って判断した方が良い…。
 時にして病やエネルギー過多の症状に!!! それって、ファッションにおいても思うこと。

“流行”であったとしても、

自分のカタチに合うかどうか・・・・・。

 

身体の内側では、違和感があったり

拒否をしている信号は色んなカタチで現れる。

 

落ち着かない、

咳が出る、

頭が痛い、

感情に思わず出る・・・・。

などなど。

 

合うのか、落ち着くのかっていうのも、

『思い込み』や『執着』である場合、

反応が出てくる。

 

小さな感情に振り回され、

変化したいのに、出来ない時!!!!

カラダか、ココロに“何やら”として現る。

 

私も最近あった。

『これはいい!』と思っていたモノが、

エネルギーが過多をお越し

(必要ない状態)なのに、付け続け

咳が止まらない状態!

 

外し出したらパッタリと落ち着いている。

 

身に付ける、

ファッション、

思考、

癖・・・・・・。

 

私たちは何やらで自己を守っている様で、

逆効果を突き進んでいる場合がある。

 

そんなときには、

感情とカラダの見直しをするタイミング!

 

日々の見直しや、変化を受け入れる時に、

ぜひ、する行動は身をマトウと頃のチェックですね(^^)

 

内面が分厚くなっていくと、

以外と身軽になり、エネルギーで満たされ、

ある意味シンプルになっていくんだな~~~と痛感します。

 

太陽


それぞれのワンシーンに思う te tu ga ku@taiyo

それぞれのワンシーンに思うte tu ga ku@taiyo

 

 

 

ヒトには思い出して懐かしむ場面がある。

 

寂しさも、

悲しみも、

悔しさも、

ココロ残りでさえも。

 

私が思うに・・・・

一つこう思えないだろうか。

 

ヒトが生きているときに、

数多くの『感情』をキッカケに

何かを心に感触を得る。そのためにヒトは感じている。

感触を得る・・・コトが大切な目的であって、

感情だけに自分を持って行かれ・・・・

本来の目的の“ほんの入り口”なのに、

感情だけを寄せ集めて“個性”だと思い込んでないだろうか?

 

感触はその時だけでは『何を指しているか解らない』

積み重ねていかなかければ。

 

感情はその時の『思い込みに反応に過ぎず』

実態を見えなくしてしまう。

 

感じたことは『なぜ、それを想ったのか』を

知るための単なる道しるべ。

 

・・・・・・感触を積み、反応に全てを任せず、感じた意味を見つけ出す。

 

ヒトが懐かしむ時、

当時の自分と、現在の自分では

どのように“それ”が違うのか。

それを知りたくなる時なのかもしれない。

 

自分の中のセンチメンタルを楽しもう。

『いま』はどう思うか?

 

それぞれのワンシーンに思うte tu ga ku@taiyo

それぞれのワンシーンに思うte tu ga ku@taiyo

 

 

 

 

 

 

 

 

『目には見えない』けど・・・大きく影響されている te tu ga ku@taiyo

意識してみると沢山あるのですが、

『目に見えない』けど大きな影響されること。

 

 

私にとっては“意志”や“思惑”などの

ヒトの表に表される以前のカタチ・・・が受信されやすい。

(人によって様々なチャンネルになっている)

 

離される前に思っていることや、

黙っていれば隠しきれる・・・・なんてこと。

私が出来ないのも、受信することが癖になっているから。

というのもあります。

 

誰にでも特徴が様々だと思ってます。

ある人は音の中に聞こえるモノが在ったり、

見えるものが在ったり、

香がしたり・・・・・。

 

伝達するモノが色々ある。

 

そして『何が』伝達されるか・・・・ってこと。

 

『ココロにあるモノ』であり、

行為の奥にある『ココロの源泉』の意図である。

 

私たちは“自分を理解しなさい”という中に、

その気持ちの源泉は何だったろう??と問いかけないと

探せないことがある。

しかしながら、他者への伝達には

その『ココロの源泉』がのっている。

 

自他共に混乱しがち、誤解されがち、

というのは、

この『ココロの源泉』と『実際の言葉(態度)』の違いが影響される。

(言ってることと、腹がちがう!!!)

意識的なかたも、無意識にやっちゃう人も、

この原理が発信されてしまう。

 

ヒトに『素直な気持ちが聞きたい』なって言って、

自分自身が“そもそも”やってない!!

あるいは、

自分には『素直』な状態を知らない。

なんて現象が多々あるわけ。

 

これってね、

無意識の中に信頼を悲しい結末に結んでしまっているんですね。

 

『素直に生きる』

それを自分の中で懸命に活きること。

それは、それは、大仕事なんですよ。

 

個々がそれに懸命になると、

自然に人と人の輪は無理が無くなる。

 

自然のサイクルが皆の信頼を勝ち取る・・・・

そんな風にヒトが解釈を出来るようになったら。

どんなに不安ない生き方が出来るでしょうね。

 

太陽

手放す te tu ga ku@taiyo

te tu ga ku@taiyo

 

時にして、時期が来て、

手の内から離す時がやってくる。

それは、どんな形なのか。

どんな意味を含めるのか。

全く考えが及ばないモノを含めていく。

 

そもそも・・・・

私たちが思い当るところで物事が予測できるのは、

ほんの少しの部分であり、

殆どが、思いとは違うところで動く。

後ろを振り返って過去の事しか考えないのは、

とても無責任であり、無理がある。

前に向かって前例のない状態へ、進のに・・・・

過去の例にすがっているのでは危険な場合もある。

いつの時も

『このようなことに、こうだった。

この先には、新たにどうなるか』を考えるには、

いつも『今』の把握からだ。

 

その『今』をしっかり把握するには、

材料として様々な生活場面でのガクモンを備えるのは必要でしょう。

 

ヒトの時間の中で、

ヒトとの感情的なことの中で、

『今』を考える・捉えることが難しいのがヒト。

 

自己の状況を冷静に(感情を差し引いた)捉えることは、

思考の質と、自己への躾です。

 

生きるために自分に質を問うことは、

イノチを大切にする人が行っていること。

また、

その為に『手放さなければならない』モノが見えてくる。

一見、もっともらしい『権力』やら『義務』を

乱暴にとらえた感情で頑なに持ち合わせている

“感情”などはヒトの出す猛毒なエネルギーに代わる。

しかも、

『義務』などは法律的に“最低でも”というラインのことで、

“人道的”に物事を選択できないヒトへのデッドラインを

間違えて“最高例”だと捉えているヒトは、

自らの人生にあらゆる執着をしている現象を表してしまう。

不必要なことに決着をつけて、

成長していくミチを選べない・・・・それは何故か、答えていくのは自分しかない。

代償は何処にもない。

『決着をつけられない』という思考の紐を解いて見つめていかなければならない。

その為の、行動力を備えるために、

何を始めますか?????

 

te tu ga ku@taiyo

te tu ga ku@taiyo